みにまむAIのレピテーションブログ

個人的な感想と評価をつらつらと書いていくブログ

漫画

デストロ246を読んだので感想からの評判

ヨルムンガンドの作者 高橋慶太郎さんの作品「デストロ246」を読みましたので感想からの評価です。完全主観なのでおヒマな時にでも是非ー。

AIの遺電子を読んだので感想からの評価

少し先の未来、それは人間とヒューマノイド(ヒト指向型人工知能)といわれる人間の脳を忠実に真似したAIを搭載した人型ロボットが共存する世界。人間の視点、ヒューマノイドの視点、そして主人公である人工知能専門医の視点での物語。考えさせられます。