読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みにまむAIのレピテーションブログ

個人的な感想と評価をつらつらと書いていくブログ

田中角栄100の言葉が心に染み渡ってやばい

f:id:since1991:20161102164021p:plain

 
先日、良くして頂いてる会長から深夜の0時ごろ、急に電話がかかってきたんですよ。
普段はそんな遅くに電話はかかってこないので、何かあったのではないのかと恐る恐る出たら、
 
最初の一言が、
 
田中角栄を知ってるか。彼は言ったんだよ。自分の金で育てたやつ以外はすべて去ったってな。」
 
 
「…..重みのある言葉ですね。」
 
 
と月並みの返ししかできなかったのですが、それがきっかけで田中角栄さんがどのような人だったのか気になりまして。本を知人より貸してもらいました。
 
 
田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得
田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得

田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得

 

 

<内容>
不世出の政治リーダーとして、日本人に鮮やかな記憶を残した田中角栄。その言葉とふるまいは、世界の要人から雪国の庶民まで、あらゆる人間を魅了し続けた。時代を超えて語り継がれる人間・田中角栄の「人生と仕事の心得」を厳選した100の言葉で伝える。また、時代を映す角栄の秘蔵写真を言葉の数に合わせて収録。日本人必読の「座右の書」。
 
 
田中角栄さんは本当に器が大きく偉大な方です。
 
本当に上に立つものの資質を持っている方です。資質だけではなく、自ら考え行動するという当たり前のことが大事とわかっていた方なのでしょう。やはり立場が上に行けばいくほどそれは難しくなってくるものだと思います。会社もそうですが、今立派に咲き誇っている会社や人はみんな必ず泥臭いことを継続してやってきたツワモノと言われる人たちです。
 
田中角栄さんもそのツワモノだったのでしょう。
 
本当に尊敬に値する人だと思います。
 
 
あまり書くとネタバレになってしまうので少しだけ、僕が好きだなと思った名言を書きたいと思います。
 
 
『まずは結論を言え。理由は3つまでだ。この世に3つでまとめきれない大事はない。』
 
『人間はそれぞれ「ものさし」がある。相手の「ものさし」に合わせて考えないと失敗するぞ。』
 
『優れた指導者は人間を好き嫌いしない。能力を見分けて適材適所に配置する。肝心なのは大事を任せられる人を見つけることだ。』
 
『法律というのは実におもしろい。一行、一句、一語が大変な意味を持っている。だが肝心なのは法律が生まれた背景のドラマだ。』
 
『敵をつくらない。人の悪口は言わないほうがいい。言いたければ一人で言え。自分が悪口を言われた時は気にするな。』
 
『人生で大切なのは「間」だ。』
 
『戸別訪問3万軒、辻説法5万回、これをやれ。やり終えたら改めてオレのところにこい。』
 
 
 
田中角栄さん、好きだなあ。
ぜひ一読をお勧めします。
 
 
P.s. 会長の電話は田中角栄さんの素晴らしさを伝えたいだけだったようです。
 
 
 それでは。