読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みにまむAIのレピテーションブログ

個人的な感想と評価をつらつらと書いていくブログ

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』の感想。恋愛に年齢って関係ないですね

映画

f:id:since1991:20161107173217j:plain

 
「幸せになりたい!」と奮闘する等身大の姿が、世界中の女性たちの心を掴んで一大ブームとなった『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ。
その第2作目『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』から11年、待望のシリーズ3作目『Bridget Jones's Baby』(原題)の『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』に決定。
大酒飲み、タバコは止められず、体重はいつもオーバー気味。補正のデカパンツは欠かさず、ドジっぷりもハンパなく、自分に甘く、他人に厳しく立ち直りがやたらと早い…。そんな恋に、キャリアに奮闘する崖っぷちアラサ―大人女子を描いた『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズの待望の第3弾。
 
 

あらすじ

f:id:since1991:20161107173234j:plain

アラフォーになったブリジットは、なぜか未だ独身。かつて彼女が愛した男はといえば、なんとダニエル(ヒュー・グラント)は事故で亡くなり、マーク(コリン・ファース)は別の女性と結婚してしまっていた。しかし、いまやテレビ局の敏腕プロデューサーとなったブリジットに、ハンサムでリッチ、性格もナイスなIT企業の社長ジャック(パトリック・デンプシー)とのドラマチックな出会い(モテ期!)が訪れる。いつもの天然っぷりから彼と急接近する一方で、マークとも運命の再会を果たすブリジット。またしても2人のイケメン男性で揺れ動くブリジットは、どちらを選ぶのか? 今度こそ結婚、するのか…!? 
 
 
はい。ということで早速「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」見に行ってきました。ボーンシリーズ同様、ブリジット・ジョーンズの日記シリーズを見たことがなかったのですが。
笑いあり涙ありツッコミどころ満載でしたが関係なく楽しめました。
 
 
ブリジット・ジョーンズを演じたレニー・ゼルウィガーが天真爛漫で可愛らしくほっこりしました。
 

f:id:since1991:20161107173254j:plain

 
 
恋はいつ自分に降りかかるかわからないものだなと、キャリアウーマンを勇気付けてくれる映画でした。
この映画は男女でもいいですが、同性特に女性同士で見に行くと楽しめそうです。(管理人も女友だちと見に行きました)
 
 
本当に、いくつになっても女性は強い!
 

f:id:since1991:20161107173304j:plain

ブリジットが出産している間の男性陣w
 
 
エド・シーランがゲスト出演してたのが良かったです
 
今度時間あるときに1から見てみようと思います。