みにまむAIのレピテーションブログ

個人的な感想と評価をつらつらと書いていくブログ

AIの遺電子を読んだので感想からの評価

 
皆さんこんにちわ、みにまむAIです。
 
今回はコミックスのレビューをしたいのでします。初のコミックスレビューです。
今まで読みためた作品がたくさんあるので徐々に個人的見解と感想を添えて書いていきます。
 
 
『AIの遺電子』
 

f:id:since1991:20161129140047p:plain

 
週刊少年チャンピオンにて山田胡瓜氏によって連載中です。
 

あらすじ

少し先の未来、それは人間とヒューマノイド(ヒト指向型人工知能)といわれる人間の脳を忠実に真似したAIを搭載した人型ロボットが共存する世界。ヒューマノイドには人間と同じような知性や感情、また社会的権利を持っており、人間と同じように家族、友人、恋人など人間とヒューマノイドまたはヒューマノイド同士で関係を築いています。
舞台はヒューマノイドが人口の約1割に達した世界です。この未来ではすでに人間とヒューマノイドが共存できているが、ヒューマノイドが「人権」を獲得するまでには相当の苦難があったことが作品内でもさりげなく提示されています。
 
このような時代背景の中、人間を診る医者とは別の「新医者」という新たな職種があります。
新医者はAIを備えたヒューマノイドを専門的に治療する医者のことをいうのですが、今回主役である須藤はその新医者であり同時に「モッガディート」という闇医者もやっています。(未来版ブラックジャックですね)
 

f:id:since1991:20161129140121j:plain

 
基本1話完結型で、須藤がヒューマノイドやロボットそして人間の治療をしながら話は進んでいきます。
その際、社会の問題や課題を浮き彫りにしていくのですが、これがまた倫理観を問われるような問題ばかりで考えさせられます。
 

f:id:since1991:20161129140146p:plain

 
不正バックアップを行いウイルスに感染してしまい放っておくとシステムが停止してしまう。(人でいういわゆる死)
治療法としては一週間前にバックアップを取ったデータを移植するしかないのですが、そうするとバックアップ時以降の記憶が消えてしまいます。
 

f:id:since1991:20161129140207p:plain

 
そうするとこのような葛藤が生まれるわけですね。
 
葛藤の結果、この患者さんは手術を拒否しました。
でもシステムが停止した後(亡くなった後)に結局バックアップのデータを移植しちゃうんですけどねw
本人は記憶ないので普通なのですが、これは周りが複雑ですね。
 
 
AI(人工知能)をハードに駆使する流れを持つ現代社会には、そう遠くない未来必ず訪れる世界観といっていいのではないでしょうか。そう考えるとワクワクする内容ではあるのですが、一方で進みすぎたIT産業により発生する問題や葛藤、それを解決した時に抱く想いは皆それぞれ違っていて複雑に絡み合っています。人間の視点、ヒューマノイドの視点、そして主人公である人工知能専門医の視点と色々な視点からみることができ、考えさせられる作品です。
 
 
これは是非一読していただきたいコミックスなので紹介させていただきました。
現在3巻まで発売されています。12月に4巻が発売されるので結構楽しみです。個人的に好きなテーマで読み応えもあるので評価★5です
 

[まとめ買い] AIの遺電子(少年チャンピオン・コミックス)